肩甲骨はがしでバストアップ

肩甲骨はがしでバストアップする

肩甲骨はがし,バストアップ

 

肩甲骨はがしは、バストアップするのに効果的なストレッチ方法です。年齢が経つと姿勢が悪くなりやすく、猫背になると胸が下向きに垂れてしまいます。猫背になる人は肩甲骨が凝り固まってしまい、更に悪い姿勢に繋がります。

 

血流も悪化して悪循環になり、アップ出来なくなります。美しいバストにするには、血液とリンパが不可欠です。それにも肩甲骨を動かす事になり、胸に栄養素を運ぶ血流の改善が出来たり周辺筋肉の活性化も起こります。

 

上向きのハリのある綺麗なバストが出来るようになり、見た目からも綺麗になれます。ストレッチを行う前には、今の肩甲骨の状態を確認します。背中でお釈迦様のポーズで、肩の4つの筋肉の柔軟性を見ます。簡単に背中で手を合わせる事が出来ると柔らかいが、出来ない場合は筋肉が固く肩凝りがあったり猫背の可能性があります。

 

肩甲骨に指が入るか確認し、肘を曲げて背中に回し腕と反対側の肩甲骨の内側に手を入れます。第一関節まで入るのが理想的であるが、出来ない場合は筋肉が肋骨に貼りついて可能性があります。肩甲骨はがしは、肩甲骨を動かしてストレッチする事です。

 

ストレッチを行うだけで、バストがアップ出来るようになります。

自分でできるバストアップ

肩甲骨はがし,バストアップ

 

女性が悩むことの多いバストのサイズ。バストを大きくするのには自分でできることもあります。

 

バストアップにはホルモンバランスが大きく関係しています。簡単に言えばこのホルモンバランスを女性の理想的なバランスにしてあげればいいのです。女性ホルモンには体を女性らしくしてくれるため、バストアップにつながります。

 

ホルモンを理想的なバランスには食生活が重要になります。全ての栄養素は口からの摂取しかないため、規則正しい食生活が必須です。たんぱく質や脂質、ビタミンなどを考慮し、偏りがないよう食べることが大事です。日頃の食生活をこのようにしていくとホルモンバランスが整っていきます。中でも、大豆や魚やバターは女性ホルモンに働きかけてホルモンバランスを整えてくれます。

 

質の悪い睡眠をとることもホルモンバランスを悪くさせます。人体には朝に起きやすく夜になると眠たくなるようにできています。その体内リズムを狂わせてしまうことですぐに寝つけられなかったり、眠りが浅くなってしまいます。睡眠を質のいいものにできればホルモンバランスも整えられます。

 

バストアップとは一見関係のなさそうな食事や睡眠も大事になってきます。ホルモンバランスを整えることがバストアップの近道になるんです。

自力でバストアップさせる方法

肩甲骨はがし,バストアップ

 

自力でバストアップさせる方法には、リンパマッサージを行う事です。リンパの流れを良くして、ホルモンバランスを整えます。鎖骨の下をほぐして、身体全体の血流を良くしていきます。脇の下のリンパをマッサージすると、バストの周りの血流が良くなります。

 

脇の下は老廃物が溜まりやすい場所でもあるため、排出する事で女性ホルモンを分泌する事が出来ます。筋トレも効果的で、合掌のポーズならどこでも出来るので誰でも簡単に行えます。これにより、大胸筋を鍛えられ大胸筋は胸の土台になる筋肉のため垂れ下がる事を防いでくれます。

 

ヨガも効果的で、ヨガには様々なポーズがあり胸に必要な筋肉にも効くものもあります。そして血流改善が出来るものもあったり、猫背を改善出来るものもあるため様々なポーズを摂り入れると良いです。食べ物ではタンパク質をしっかりと摂るようにする事で、ホルモンの分泌を促してくれるためです。

 

動物性と植物性をバランス良く摂取するようにして、カロリーの低いものにすると太る事を防げます。ボロンを含む食材を摂取する事で、女性ホルモンの分泌を活性化させてくれます。多く含まれる食材には、キャベツやりんご等があります。

 

熱に弱い成分なため、生のままで摂取するのが効果的です。

おすすめナイトブラランキングはこれだ!トップページへどのナイトブラを選んでいいかわからない方、他のナイトブラのおすすめも知りたい方はトップページで当サイトおすすめのナイトブラランキングもチェックしてみてください。